ナマケモノがFXのシステムトレードで勝つブログ

ナマケモノFX練習帳

ナマケモノのプロフィール

FXを始めた理由

とってもシンプルな理由なのですが、楽してお金が欲しかったからです。

巷に溢れる「1万円が1億円に!」「一日5分で簡単に儲かる」のような煽り文句にコロっと騙されてしまいました。
特に勉強をするでもなく、本を数冊読み、とくにトレードルールも決めずにトレードの世界に飛び込みました。

最初は数千円勝ったり、数千円負けたりを繰り返して一喜一憂していましたが、段々と物足りなくなり、ロット数を増やしていきました。一度で数万円動くジェットコースター感がやみつきになるのに時間はかかりませんでした。

こんな無謀なトレードを行っていたにも関わらず、相場の地合いが良かったのか資金は最高で210万円にまでふくらみました。わずか一ヶ月の間に60万円のプラスを達成した私は「これなら働かずに生活できるのではないか。自分は天才だったんだ!」と、全能感につつまれていたことを覚えています。

退場の経験

しかしながら相場はそれほど甘くありません。

相場の地合いも変わったのか負けがこむようになってきました。負けてはその負けを取り返そうと、ロット数をあげ最後は10万円規模で資金が変動するトレードを行っていました。

資金200万円程度(実際にはどんどん減っていましたが)に対して5%ものリスクで取引を行っており、しかもトレードルールに優位性がないどころか、トレードルールさえないのですから、資金が底をつくのはあっという間でした。

今までこつこつ貯めてきたお金が一瞬で増え、そしてなくなった時は絶望していました。

試行錯誤の時期

こうして退場した私ですが、「楽してお金を稼ぐ」という夢は捨てきれず、1万円を口座に振り込んで細々とトレードを行っていました。
この1万円で大儲けしようというものではなく、勝つコツをつかめれば、また資金が貯まった時にリベンジしてやるぞというものからでした。

この時から勉強も真面目にはじめました。
雇用統計などのファンダメンタルな情報に市場はどのように反応するのか、証券会社のレポートやニュースを読み漁りました。
ただ、勉強をしてもコツをつかむには至らず、負けがこむばかりでした。

1万円がなくなってはいれ、なくなってはいれ、とまるでギャンブル狂のような資金投入を行っていたころに、テクニカル分析に出会いました。
ファンダメンタルのような市場の気持ちを読むのではなく、明確に数値やグラフとして現れている世界の方が私にあっていると思いました。

これで勝ち組かと思いきや負けるスピードがゆっくりになっただけでした。今まではジェットコースターのように負けていたのが、ジリジリとゆっくりと負けるようになりました。

システムトレードとの出会い

MT4と出会ったのは海外FX口座に興味を持ったからです。
「ハイレバレッジ」「ゼロカット」の響きにひかれて登録したところ、取引プラットフォームがMT4でした。

使い方を覚えようと検索していると、どうやらこのプラットフォームは自動売買のプログラムを組めるらしいというのがシステムトレードとの初めての出会いでした。

私は残念ながら情報系にはうとく、プログラムのプの字も知りませんでしたが、自分でルールを作れることと、それを検証できること、また作ったルールで自動取引できることなど、そのメリットは想像に難くありませんでした。
まずはコピペプログラマーからはじめ、色々なサイトを巡っては部品を集め、簡単なシステムを作りました。

現状

今では自分のシステムを運用し、大勝ちはまだ手に入れられていないまでも、微益をだせるようになってきました。微益といえども、FXは80%以上の人が負けていると言われている中での勝ちなのでシステムトレードの力はすごいものなのだと感じています。

まだまだ研究を重ねて、真にナマケモノな生活ができるように頑張りたいと思っています。
またシステムトレードの良さを広め、初心者が相場から一発で退場することがないよう、ナマケモノになる過程をシェアしたいと思っています。初心者の方にこそおすすめの理由はこちらの記事に書きました。

どうぞよろしくお願いします。

Copyright© ナマケモノFX練習帳 , 2020 All Rights Reserved.